Cloud Vision APIをRで動かしてみる


Google Cloud Vision APIを使ってAKBのデータを把握する
こちらの所沢義男さん(偽名)のブログにカジュアルにVison APIを使う方法が載せられていたので、早速私も触ってみようと思います。(Vision APIのアカウント作成には住所や氏名や電話番号、クレカ情報が求められます。)

ラーメン二郎のメニュー表

紹介されていたコードを実行してみます。

以下の表は実際の表記との比較ですが、光の反射で見にくくなっているところ以外は正しい表現を抽出できているようです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-16-54-10