統計解析の学習用動画まとめ

階層ベイズ&MCMC講義 (久保拓弥) 難易度★★
緑本こと、『データ解析のための統計モデリング入門』を書かれた久保先生による解説動画です。
本でいうところの8章と10章が扱われているようです。

MCMC講義(伊庭幸人) 難易度★★
伊庭先生によるMCMCの解説動画です。長いですが、丁寧に解説されています。

パターン認識と機械学習入門 第1回@ワークスアプリケーションズ

Dan Does Data: Tensor Flow, Deep MNIST for Experts

慶應大学講義 応用確率論 第十三回 ベイズの方法 カルマンフィルタ1
https://www.youtube.com/watch?v=P85JCE3tZWY

強化学習講義 (牧野貴樹) 難易度★★

多腕バンディットなど強化学習の手法についてかなり細かく説明されている動画です。長いですが、濃ゆい内容なので効率的に勉強ができると思いました。

海外のマーケティング系ジャーナルまとめ

今回は海外のマーケティング系ジャーナルについて簡単にまとめてみようと思います。

海外のマーケティング系ジャーナルとして、評価の高いものは一体何なのか、そして、そのジャーナルの特色は何なのか、少しでも説明できれば幸いです。

まず参考としたものが、海外のマーケティング系ジャーナルをランキング化したサイトです。
A Ranking of Marketing Journals
これはそもそも誰が集計してランキング化したのか気になったので、見てみると、
Michigan State UniversityのG. Tomas M. Hultさん
University of North AlabamaのWilliam T. Neeseさん
University of Arkansas at Little RockのR. Edward Bashawさん

(1) importance/prestige index
(2) popularity/familiarity index
という指標をもとにランキングしたもののようです。
ランキングの元となったデータのサンプルは1000人の学術関係者だそうです。
一旦、このランキングを信じることにしましょう!
今回はこのランキングの云々はあまり重要ではないので。

本題のジャーナルですが今回はランキング上位の4つを紹介したいと思います。
(1)Journal of Marketing
(2)Journal of Marketing Research
(3)Journal of Consumer Research
(4)Marketing Science
の計4つです。

(1)Journal of Marketing
・1936年創刊
・マーケティング系ジャーナルのリーダー的存在
・マーケティングやマーケティングマネジメントの重要な問題に焦点を当てたマーケティングの原理に関するプレミアムかつ幅広い学術雑誌
・ジャーナルのモチベーション
 理論と実践とのギャップの解消
 学術関係者と実務家の両方に共有されうる情報
 教育機関、製造業、金融業、ヘルスケアなどの産業で働くマーケターに読んでもらいたい。

・取り上げられる論文
 マーケティング問題に対する解法となる新しい手法の提示
 マーケティングのトレンドや発展を調査報告
 一般化や検証結果の提示
 新しいアイデアや理論、マーケティングの理論と実践に関する俯瞰的な情報

(2)Journal of Marketing Research
・マーケティング哲学・概念・理論から、手法・技術・応用までをテーマとしている。
・出版は臨月
・対象はリサーチアナリスト、教育者、統計家となっている。
・ジャーナルのモチベーション
 職業の最前線、最先端の情報の収集を求めているマーケティングリサーチ学問家や実務 家向けの情報の提供し、マーケティングリサーチ全体の流れを伝える。
 扱われる論文としては、マーケティング課題の解決に関する新しい技術の概念、手法、応用などがある。理論だけでなく、経験に基づいたマーケティングノウハウが示されて いる。

(3)Journal of Consumer Research
・1974年創刊
・消費者行動の説明・描写に関する学術研究が中心。
・経験的、理論的、方法論的な論文からなり、分野としては心理学、マーケティング、社会学、経済学、コミュニケーション学、人類学がこのジャーナルでは扱われる。
・経営的な話よりも、学問的な内容である。
 内容としては、ミクロレベル(ブランド選択など)からマクロレベル(唯物論的な価値の発展)まで幅広い。
・理論や統計学などに固執せずに幅広い知識が得られるかもしれません。

(4)Marketing Science
・マーケティングサイエンスはオペレーションズ・リサーチとマネジメント・サイエンスの研究機関。
・経験的、理論的な定量的なマーケティングリサーチに焦点を当てています。
・オペレーションズリサーチに重きを置いていたりするので、数学が好きな人には丁度良いかもしれません。

各々の読み比べをしていないので、あまりレベル感がわからないですが、時間の許す限り、マーケティングのTopジャーナルであるこれら4大ジャーナルを読んで行きながら各々の明確な役割の違いを体感していこうと思います。